2011年5月の勉強会~日本国憲法について考える~

5月は憲法月間です。というわけで、敷居の高い日本国憲法について

 基本的なことから勉強を行いました。

   ★5月1回目勉強会 日本国憲法について(1)

    日  時:5月13日(金) 19時より
・日本国憲法って誰が何のために作ったの?
講  師:冨田さん
場  所:松本中央公民館(Mウイング)4−4教室
〒390-0811 長野県松本市中央1-18-1

[ご報告]

憲法という難しい問題に対し参加者が少ないのでは?と思いましたが、実に40名ほどのご参加を頂きました。特に松本市議の増田様、山崎様にもご参加頂き、議員さんというと何か遠い存在だったのが、
懇親会を含め、身近で相談できるそんな雰囲気でした。

さて、当日は、当日はテーマにあるように「日本国憲法って誰が何のために作ったの?」

日本国憲法の歴史的背景や、現在の捉え方を勉強しました。

そして憲法を法律だけに捉えるのではなく、 例えば 株式会社日本 と捉えた場合憲法の役割・目的・位置づけなどを示唆頂きました。

私たちの目指すべきビジョンを描くことが先であり、それを文章化していくことが憲法の重要性であること
また私たちのような地方都市の場合憲法では、地方自治はどのように書かれているのか?
などの勉強をすることができました。

冨田君の徹夜2日間の成果の素晴らしさが感じることが出来た内容です。

 

 

 ★5月3回目勉強会 日本国憲法について(3)
・憲法について…プチ提言!
 日  時:5月27日(金)     場 所 「あがたの森2−8会議室」

 時  間:19時より   

○当日の様子

当日は約30名ほどの参加を頂き開催することが出来ました。ありがとうございます。

2部構成で進め、一部は、日本国憲法の一部を抜粋し、私たちの生活との関係性や、憲法の持つ意味合い、そして現在生活とのギャップなどを検証しました。

 

2部では、飯田市で行われた市民会議になぞり、松本市の憲法を作る研究協議を行いました。

松本市の将来のあるべき姿や、私たち、そして行政などが行う権利や義務などを話し合いました。

 

【当日の参加された塾生の声】

☆今まで難しく堅いと思いこんでいた憲法ですが、色々な切り口で触れることが出来、

 身近に感じるようになりました。(主婦)

☆グループでしっかり考える時間が取れて、楽しくテーブルワークが出来ました(高校生)

☆今までで一番楽しいワークショップでした。(会社員)

☆憲法の本など読んだことがなかったが、今後は「考える」機会を得る良い機会となりました(公務員)

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://www.msjuku.com/blog/wp-trackback.php?p=185