3月勉強会 アメリカから危機管理の専門家~ボスナー氏講演会~

3月9日に、むたい俊介事務所よりご案内通知を頂き、アメリカから危機管理の専門家ボスナー氏の講演会がありました。

カトリーナなどのタイフーンによる甚大なる被害に見舞われた米国。

その際にどんな行動が行われ、逆にどんな行動が行われなかったのか、具体的な事例にてご説明頂きました。危機管理先進国のアメリカでも、様々な課題があったとのこと。しかし日本には「民」による力・・・・具体的には「消防」などの地域力があることを訴えてられました。

しかし、その後3月11日に未曾有の大地震が行われました。危機管理の重要性や、天災による脅威を勉強したばかりの2日後の出来事です。

ボスナー氏は日本に警告に来たのでしょうか?あまりのタイミングに驚愕してしまいます。

危機管理とはいかにシミュレーションが出来るか?そして初動の重要性!

そして最後は危機を管理するリーダーの重要性・・・果たしてわが国に復興は順調に進むのでしょうか?

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://www.msjuku.com/blog/wp-trackback.php?p=178