4月の勉強会では

さて松本政経塾では今まで経済の勉強を主体に行ってきましたが、今日の勉強会では、政治・政策の勉強をしたいと考えております。

松本政経塾の「政」の字にもあるように、この塾では政治・政策の勉強も目的に入っております。100世紀に一度と言われる世界同時不況と言われる現在、各国では様々な景気刺激策や国からの資本注入などが行われており、この不況を脱するために、国策として様々な施策が行われております。

日本でも、記憶に新しいところでは「高速道路の料金の引き下げ」や「定額給付金」などが挙げられます。

残念ながらその施策は一過性のものであり、人間で例えるならば、病気の人に薬や注射を打つことに近いかもしれません。症状が良くなるかも分からないですし、いつ効果が上がるのかも分かりません。本日の松本政経塾ではその施策の良い・悪いを語るのではなく、病気にかからない体力を付けようということを目的に、その体力作りのためのプログラムを皆で作ろうと思っております。

また今までずっと講師講演型の勉強会でしたが、今日はほとんどの時間をワークショップ型で進行していこうと思っております。ぜひ各テーブルで色々な意見を出し合いながら、楽しく進めていただければと思います。