2009初の松本政経塾・一人感謝と感動の1日でした。

■◇■ まち-集落研究室 小林修氏 講演会/多くのご参加頂きました!!

先日は2009年初めての松本政経塾を開催しました。

実は1月より会社の代表となり、日々の業務に追われ、なかなか松本政経塾運営にタッチ出来ない日々が続いていました。

「いかん!」と思いながらも、どこかに煩わしさもあったり。。というのが正直なところでした。

そして昨日を迎えました。

古畑さんは一番に来ていただき、一緒に机を並べたり・・・

滝沢さんはいつもの笑顔で今年も元気にお越し頂きました。

桐原さんも素敵な笑顔で迎えていただきました。

7時開催の時は若干参加者が少なく・・時間をおうごとに多くの塾生が集まり、教室内はいっぱいに・・・

煩わしく思った自分が「すごく恥ずかしく」なってきました。この多くの皆さんに支えられ塾は存在しているし、そして逆に皆さんから元気を頂きました!!

懇親会では、昨日初めて参加された信州大学 産学官連携推進本部(地域連携)の林さんもご参加頂き色々な話しをさせて頂きました。以前はNPO法人SCOPの代表でもあられ、地域活性化のご専門の方です。

新しい出会いに感謝とともに、高校生や大学生と新しい地域づくりが出来ることにわくわくしています。

実際に30日には松商学園の高校生の「松商ブランド」の商品企画の発表会があります。

水宗園の八木先輩や、王滝グループの永瀬さんもご参加頂けそうです。

出来れば私の好きなドラマの「白線流し」なども商品ブランド化して頂けるとさらに盛り上がるかも・・(実はあのドラマの舞台は松商学園さんなのです)

そんな訳でとにかく、一人感謝と感動の1日でした。